MENU

脂質異常症ってどんなもの?

脂質異常症とは、いわゆる血液がドロドロとした状態をさし、血液中の中性脂肪やコレステロールが多いことで起こります。
一昔前は高脂血症とも呼ばれていました。
血液中の余分な脂質が多くなると血管内の壁にコレステロールが付き、内腔が狭くなります。
そのままにしておくと、動脈硬化が進行してしまうため、心筋梗塞・脳卒中などの血管の病気と密接な関係にあると言えるでしょう。
自覚症状がないのも怖い点で、健康診断で「中性脂肪とコレステロールが高いですね」と指摘されて初めて気づく方も多いのが特徴です。

何が原因で脂質異常症が起こるのか?

偏った食生活

肉類・乳製品に多い動物性脂質の摂りすぎ、卵・魚卵・レバーに多いコレステロールの摂りすぎは血中のコレステロール値を増やします。
また、食べ過ぎ・飲み過ぎによる過剰なカロリー摂取は中性脂肪を増やします。

善玉コレステロールの減少

コレステロールは善玉と悪玉の2種類あります。
善玉コレステロールは、血管に付着したコレステロールを肝臓に運んで分解へと導く。
悪玉コレステロールは、血管にこびり付きやすく動脈硬化の原因になる。
これらのバランスが保たれていれば問題ないのですが、善玉コレステロールが減ると、血中のコレステロール値が増え続け、脂質が固く変質し脂質異常症となってしまうんですね…。

遺伝による脂質異常症「家族性高コレステロール血症」

稀に見られる症状で、家族や近親者に脂質異常症の人が多い場合に疑われます。
これは自己管理では治すのが難しく、動脈硬化の進行が早いという特徴もあるため、医師による治療と指導を受けましょう。

脂質異常症を改善するための具体的な方法

食生活を見直そう

脂質異常症の一番の原因である食生活を改善することが最善の予防、改善策になります。
動物性脂質は控え、食物性たんぱく質(大豆)や食物繊維を積極的にとることを心掛けましょう。
また、DHA・EPAを多く含む青魚(サバ・サンマ・イワシなど)には、悪玉コレステロールを減少させる効果があるため、積極的に取り入れると良いでしょう。
新鮮な青魚を継続して摂り続けるのが難しい場合、手軽に続けられるサプリメントで補うのがオススメです。
DHA・EPAを多く含み、吸収率も高いクリルオイルサプリが最も効果的ですね。

 

適度な運動を心掛けよう

運動は、肥満の改善以外にも効果があります。
体内の脂肪の流れを良くし、中性脂肪の減らし、善玉コレステロールの増やしてくれます。
特に有効な運動として有酸素運動が挙げられるので、手軽なウォーキングから始めると無理なく続けられて良いでしょう。

 

禁煙をしよう

タバコは、善玉コレステロールを減らし、悪玉コレステロールと中性脂肪を増加させます。
また血栓ができやすくなる作用もあるので、ぜひ禁煙にも取り組みましょう。

 

ストレスをためないようにしよう

ストレスは血管を収縮させ、血圧を上昇させます。
さらに、ストレスがたまると、暴飲暴食や喫煙につながりやすいですよね。
上手に受け流すようにしたり、発散したりして、うまくストレスと付き合っていきたいですね。