MENU

ナットウキナーゼの効果と副作用

納豆は比較的安価にて販売されていることもあり、手軽に摂取できる良質のタンパクとして重宝されています。
その納豆には大豆のタンパク質やイソフラボンだけでなく、ナットウキナーゼという成分があり、生活習慣病の予防のための効果や効能が認められていることから、サプリメントとして販売されるほどの注目を集めています。

ナットウキナーゼって何?

ナットウキナーゼとは、納豆菌が大豆を発酵させる際に生成される、タンパク質の分解酵素のことであり、納豆のみに存在します。
ちなみに、名前は似ていますが、納豆菌=ナットウキナーゼではありません。

ナットウキナーゼの効果及び効能

ナットウキナーゼには、血管の壁に発生する血栓を分解する作用があり、血液をサラサラにする効果があります。
その他にも、血流の改善や血圧を下げる効能に、血小板が固まるのを防ぎ血栓の予防にも役立ちます。

生活習慣病を予防します

ナットウキナーゼには、高血圧や糖尿病などの原因となる活性酸素の発生を抑制する抗酸化作用があると言われています。そのため、生活習慣病の予防効果が期待されています。

脳梗塞を予防します

脳梗塞は、脳につながる血管に血栓ができることで起こる病気ですが、ナットウキナーゼの血栓分解作用によって血栓が小さくなり、脳梗塞の予防につながります。
その他にもナットウキナーゼには、血中のコレステロールを減らす効能があり、こちらも脳梗塞の予防に役立ちます。

心筋梗塞を予防します

脳梗塞と同様、ナットウキナーゼの血栓分解作用が、心筋梗塞や動脈硬化や血栓症の予防をしてくれます。

便秘を予防します

ナットウキナーゼには腸内で善玉菌を増加させる整腸作用があるため、便秘の予防や解消に役立ちます。

 

ナットウキナーゼには副作用がありますか?

納豆を食べ続けて、何らかの副作用が出たという報告が、消費者庁や各種医療機関に寄せられていない事から、ナットウキナーゼには副作用がないことがわかります。
ナットウキナーゼの血栓分解作用とともに、納豆に含まれるビタミンKの持つ血液凝固作用がとても良いバランスを保っているため、「血が止まらない」などの副作用が起きなくなっています。

抗血液凝固剤(ワーファリン)の服用には注意

ナットウキナーゼには副作用がありませんが、抗血液凝固剤(ワーファリン)を服用している方は納豆の摂り過ぎに注意する必要があります。
納豆に含まれるビタミンKが、薬剤の効果を半減させてしまう危険性があるためです。
かりつけの医師に相談してから、納豆を食べたりナットウキナーゼのサプリを服用したほうが良いでしょう。